2009年03月29日

何とかがんばって!

大学病院へ行くことが決まりました。
予約が取れたのは、今度の金曜日。
電話をしたら、以前たかを診てくれた教官の先生がまだいてくれて、
たかのことも病状もさすがに覚えててくれました。
状況を伝えると、手術はムリだから薬療法になると思うと。
それでたかが元気になってくれるのであれば、もう十分です。
今はその日を首を長くして待つばかり。。。

近所の病院へは毎日行っています。
木曜に点滴を打ってもらってから、翌朝までは一度も
ふらつきやけいれんがなくすごくほっとしていたのですが、
その日仕事から戻ると、たかはやっぱり歩けない状態に戻ってました。
点滴や糖の注入で血糖値を上げても、今のたかにはあくまでも一過性のもの。
かなりのスピードで消耗されてしまうようなんです。

先生に、大学病院の診察までの1週間がとても心配だと言われました。
低血糖の状態で放っておくのは命にかかわることだから、と。
困りました。。。
いちばん心配なのが、私の留守中にまた倒れること。。。
診察の日まで入院させることも考えましたが、
それが却ってたかのストレスになり、更に症状を悪化させてしまう可能性もあると。

やむを得ず、ステロイドを飲ませてみることになりました。
よくないとはわかっているけど、とにかく今はたかの血糖値を安定させることが重要。
それでも、ステロイドが効くかどうかもビミョウ。
ある意味賭けでした。。。

でも。
薬は今のところ効いてくれています。
金曜の夜から昨日今日と、たかのふらつきとけいれんは起こってません。
血糖値も、昨日も今日も続けて正常範囲にまで上がってくれてました。
体重も、ごはんの回数を増やした甲斐があり増えてきています。
たぶんこの調子だったら明日は来なくてもだいじょうぶでしょう、とのこと。
よかった・・・ほんとに。。。

今日は院長の診察でしたが、ステロイドは肝臓疾患にはあまり効かないから、
やはり今回はインシュリンノーマの再発と考えているそうです。
久々のたかを見て、
「それにしても偉いね〜、よくがんばってきたね。
 あんなに大きな病気をして舌が壊死したのに
 それから4年も経過したなんて、これは奇跡としか言えないよ。
 こんなに長生きできたのも、Jクリニックのおかげかもしれないよ。」
と言ってくれました。
そっか。
そうだった。。。
先日のいつもの病院に診てもらったことを後悔していたけど、
それまで散々お世話になったJクリニックの先生を少しでも
憎く思った自分に反省しました。
私も今は精神的な余裕がないんだろうと思います。
ダメですね〜、ったく。

とりあえずあと5日。
どうかこのままの状態が続いてくれますように。

みなさん、たくさん心配をおかけしてスミマセン。
でも、今たかもがんばってくれているので、どうか温かく見守っていてくださいませ。

これは昨日のたか。
何もなければこんなにふつうに歩き回れるんですけどね。。。

posted by たかママ at 17:50| Comment(8) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。