2009年04月17日

ひどく傷ついたこと(完結?編)

何てことはないのだけど、それは友人からの助言でした。
その日はたまたま友人と会う約束をしていましたが、
延期してもらうつもりが私を心配してくれ、
家の近くまで来て話を聞いてくれたんです。
泣きじゃくる私に、友人は優しく言ってくれました。

私のしていることは間違ってない。
いろんな人がいるし、先生だって得意分野とそうじゃない分野があるかもしれない。
でも、少なくとも今はすぐ近くにたかを助けようと努力してくれてる病院がある。
誰が何と言おうとその先生を信じればいい。
今はたかの声を聞いてあげて。
たかの声を聞けるのは、病院の先生でも他の誰でもない私だけ。
今たかに何をしてあげられるか、それを考えよう。
仕事が大事なのもわかるけど、
入院がムリなら仕事のシフトを調整して病院で預かってもらえばいいでしょ。
仕事のことで周りに迷惑をかけたくないと思ってるかもしれないけど、
そんなの後から挽回すればいい。
そんなのいくらでもできるでしょ、がんばれるでしょ。
プライドがあって頭下げるのも抵抗あるかもしれないけど、
たかのためなんだからそのくらいしてもいいでしょ。
もし迎えの時間に間に合わないなら自分が迎えに行くし、
朝病院に預ける時間がないんだったら自分がそのくらい協力するから。
もっと人に甘えてもいいんじゃない?
ひとまず1週間、何とかやってみよう。

・・・目が覚めた気がしました。
結局、私もたかより仕事を優先してたんです。
とにかく職場に迷惑をかけたくない一心で。
はなからムリだと決めつけて、仕事を何とかしようという努力はしていなかった。
たかはがんばろうとしてるのに、私はそれに応えようとする姿勢がなかった。
まさに目から鱗が落ちた感じです。。。
それと、友人の心配りにも頭が下がる思いでいっぱい。。。

そんな長い1日でしたが、このことで私も勇気づけられ、
結果的にそれ以降たかの容態は安定し、今に至っています。
たかも親孝行?だから、気を遣ってくれたのかもしれないです。
友人や職場の人たちに迷惑をかけないように、ママを困らせないように、と。(笑)
Jクリニックには翌日電話をし、たかの面倒はこちらで見るのでもう結構です、
という伝言を受付の人にお願いしておきました。
その後院長からも何も言ってこない(当たり前か〜)けど、
もう会うことも話すこともないと思います。

そして、職場の人たちにもきちんと事情を説明済みです。
これまでもたかの話は多少はしてあったこともあり、
何かあったら休むかもしれないし遅刻や早退もあるかもしれない、
という状況は受け入れてくれていて。
大切な家族だもんね、と。
ほんとにありがたいです。
また、毎日のようにメールで私を励ましてくれ、
大学病院の通院も代わりに行ってあげるよ、と言ってくれたお友達にもほんとに感謝。
さらに、たかをいつも応援してくださっているみなさんにも多謝です。


似てるよねぇおまけですが、これは友人が描いてくれたたか。
結構似てませんか?
個人的にはとってもお気に入りです。
冗談で「カラーじゃな〜い!」と苦情を言ったら
怒ってました(笑)
ウソですよぉ、これで十分ですから。




さてさて、3回にわたり長々と書いてしまいましたが、これで私もすっきりです。
読んでいただいてほんとにほんとにありがとうございました。

posted by たかママ at 01:58| Comment(8) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。