2009年08月05日

最期の日のこと。

今日は初七日。
たかとの思い出は止まったままなのに、時間だけはどんどん過ぎていきます。

お花さて、お友達からまたお花が届きました。
プリザードフラワーという枯れないお花なんですって。
ゆみちゃん、ありがとう♪





フォトフレームそして、さっちーさんからはかわいいフォトフレームをいただきました。写真が60枚も入れられるそうです。
ありがとうございます♪






しっぽが入ってますで、これはたかの形見。
たかを火葬したときに業者さんがくれました。
中にたかのしっぽの先端の骨が入ってます。
いつも身につけておきたいとこだけど、
なくしたら嫌なので家に保管してます(笑)。



先日、残りの治療費の支払いとお礼をしに病院へ行ってきました。
看護士さんたちと話をしていると院長が出てきてくれたので、
無事にお別れしてきたことを報告。
そして黒焦げのガンのことを伝えると、

「いやぁ、あの子はほんとにすごかった。
 あの状態でうちに帰れるのがすごかった。
 最後に帰れてよかったよ。
 それに、○○さんも胸張っていいよ、本当に素晴らしい介護だったから。
 最期はちょっとかわいそうだったけど、あの子も幸せだったよ。」

と言われました。
深々と頭を下げ病院を後にしましたが、やっぱり涙があふれてきちゃいました。

ほんとにそうかな。
ほんとにたかは幸せだったのかな。
未だに自問自答している私。。。

まだ気持ちは落ち着いていないけど、あの日のことを記しておこうと思います。
ちょっと長いので、適当にスルーしてくださいね。
続きを読む
posted by たかママ at 21:36| Comment(15) | TrackBack(0) | たかの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。