2009年08月22日

深い暗闇の中で。

ご無沙汰です。
たかママは元気です!と言いたいとこだけど、
まだまだ気持ちの切り替えができなくて、
出口の見えないトンネルに差しかかってしまったような状態です。

たかがいなくなり、最初のうちは生活のリズムが全然つかめませんでした。
朝いつもと同じ時間に起きても、たかにごはんをあげることもなければ、
おしっこの後のびしょびしょの体を洗うこともう○ちを片付けることなく、
当然時間が余る。
仕事が終わると、今までは少しでも早く帰りたい一心で、
混んでるエスカレータは使わず駅の階段を上り下りしたり、
電車の乗り継ぎを気にしてダッシュしたり、
どんなに疲れて座って帰りたくても、
すいてる各停ではなくて満員の急行電車に乗る、というのが日課だったけど、
もう急いで帰る必要もなくなった。
毎日のようにスーパーに行ってたかのごはんの材料を買ってたけど、
ごはんを作ることがない今はもう足を運ぶこともほとんどない。
洗濯の量もゴミの量も極端に減り、
ひとりだとすることがないから部屋の掃除をしてみるけど、
ひとりの生活ではそう部屋も汚れるもんでもなくて、
気づくとたかの遺骨の前でしゃがみ込んで呆然としたりして。

時間を持て余すということが、こんなにつらくしんどいことだとは思わなかった。
この数ヶ月はとにかくたか中心の生活だったから、
そんな日常がある日突然消えてしまったことがとても空しくて。
当然食欲もないし、そのうち頭痛や胃痛にも悩まされ、
とにかくだるくて仕事の往復だけで精一杯の毎日。
ムリして食べると気持ち悪くなったり吐いてしまったり、何もやる気が起きない。
たったひとりのかけがえのない家族を失う悲しみ。
脱力感とはこういうことを言うんだなぁ・・・と改めて感じました。

あれから数週間が経ち、少しは私もマシになってきていますが、
やっぱり仕事から帰宅してたかがいないのはつらいです。
毎日たかに話しかけても、たかはいつも無言。
そんなひとりの生活に違和感があって。
先日、久々にスーパーへ立ち寄ったときにふと安売りのキャベツや大根を目にし、
一瞬「あ、買っとかなきゃ」と思ったのだけど、「あ、違う、もういらないんだ」と
我に返る自分がいました。
仕事から早く帰ろうする癖も抜け切れず、急いで歩いててふと
「あ、別に急いで帰らなくていいんだ」と急に足取りが重くなることもあります。
自分の中で、未だにたかの死を受け入れたくないって思ってるのか、、
こんなふうにときどき混乱しちゃうんです。
まだどこかでたかが生きていてくれているような気がして。
突然しっぽをブンブン振って私の元に寄りついてきてくれそうな気がして。
日に何度も何度もたかの写真を眺めたり、携帯に入っている動画を見たりしてると、
その思いがなかなか絶てない。
たかはもういないんだ、ということを認めたくないんだけど、
でも現実を受けれなくちゃと思う自分もいて、葛藤の連続。
そして、時間の経過と共に、少しずつたかの記憶が薄れていくことにも
自分で自分に苛立ちを覚えます。
たかがいなくなってから、実はまだ一度も自分の布団で寝れてません。
涙しない日もありません。
ボーっとしてると、仕事中でさえ涙がポロンとこぼれちゃう。。。
そんな状況です。

こういう精神的に不安定なときって、ちょっと被害妄想っぽくなったりしませんか?
楽しそうな人たちをひがんだり、自分のことを卑下したり。
私もまさにそのタイプなのだけど、そういう私に厳しいことを言う人たちもいました。
同情してもらって当たり前、気をつかってもらって当然という考え方はあまりに幼い、
ひがむのも視野狭窄だとか、
悲しみから立ち上がろうと努力してる人には優しい言葉をかけてあげられるけど、
そこにいつまでも踏みとどまってる人には何もしてやれない、とか。

正論です。
間違ってはいないと思います。
少しでも私に元気になってもらいたい、と思って言ってくれてるのもわかります。
でも、それは自分でも十分わかってるし、
どうしていいかわからないからこれだけ苦しんでるんです。
ただ話を聞いてほしかった。
「そうだよね、そう思うよね」みたいに私の味方をしてほしかった。
それなのに、頭ごなしに否定されるとさすがにめげます。
今までだったら、「私にはたかがいるからいいもんっ」ってすぐに傷も癒えたけど、
それができなくなった今、周りによき理解者がいないことも私にはかなりの打撃でした。
もちろん、ブログを通じて知り合った皆さんにはたくさん温かいメールを頂き、
それはそれでほんとに救われているしすごくありがたいのですが、
毎日生活しているとなると、現実は厳しいもんです。

ペットロスの本で、現実逃避ではないけど、
最近ペットロスの本を読んでいます。
今はちょっとしたバイブル的な存在(笑)。
どの本も、ほんとに涙が出ます。
こんなにも気持ちを理解してくれる人がいるんだなって思うとほっとして。
それに、ペットロスの人に言ってはいけないタブーな言葉とか、
こんなことを言われたら傷つくのも当然です、みたいなことも書いてあり、
被害妄想じゃなくてそう感じる人もたくさんいるんだなぁってことに元気づけられました。
同じ体験をした人でしかわからない。
同じ経験をしてもすぐに立ち直れる人もいるし、そうでない人もいる。
悲しみがいい思い出に変わるまでの時間は人それぞれ。
それでいいんだよねって、最近ようやく思えるようになってきました。

今はまだ、先が見えない暗闇の中をゆっくり歩いていくしかないけど、
そのうち私にも明かりが差してくれる日が来ることを祈って、
それまではこの試練ときちんと向き合っていかなくては、と思ってます。
今はまだたかの苦しんでる姿しか思い浮かばないけど、
いつか楽しい思い出が甦って、笑いながらたかの話ができる日を楽しみにして。。。

何度も何度も読み返しました
posted by たかママ at 15:16| Comment(10) | TrackBack(0) | ママの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。